2012年締めくくり大イベント(^O^)/

約1年前の12月15日「光を届ける石川の桜プロジェクト」としての忘年会。任意団体からNPO法人化することを発表し、さくらメンバーと共に走り続けてきました。
そして今年8月31日付けで「NPO法人災害支え愛ネットワークさくら」として新たなスタートを切りました。
被災地へ出向く活動、養成講座運営、東北商品販売支援・・・様々な活動を行っていますが、広域避難として石川に避難している方々とのコミュニティ創出にも力を入れています。

今年は昨年よりも更に増えて総勢48名が大集合(^O^)/。
正会員・賛助会員だけではなく、共に活動やお茶会に参加して下さった福島・宮城からこちらに住まいを移されているご家族も一緒です。
さくらの活動を始めた時に「家族と一緒に参加出来る」活動が出来たらいいなーと思っていました。
こうやって家族連れで参加出来る事業も行いたかったので、ホントに嬉しく思います。

今年の忘年会は「東北のイモ煮・石川のとり野菜」を楽しむ会にしたいと思い、準備を進めました。
イモ煮リーダーのけいちゃん。「しめじも油で炒めたほうが良いの!」と下ごしらえから頑張って下さいました。
私にとって初めての「イモ煮」。お野菜たっぷりでおいしかったー(^O^)/。
とり野菜は「宮崎産の絶品鶏肉」を使用し、3種類の味噌で準備をしました。締めはうどん。
たくさんの野菜を清美ママとりえちゃんが一生懸命切ってくれました。

たこ焼きコーナーではだいちゃん家族やてった親子がずーっと焼き続けてくれました。
きれいなまん丸たこ焼き、上手でした!

その他、この日のために愛媛から送ってもらった「真穴みかん」。甘み凝縮で何個でも食べれちゃうほど!
子ども達が、ちか先生の指導のもとデコレーションしたクリスマスケーキ。
新米の会津米や福島の米粉使用のカレー。
多くの方々の愛情たっぷりのご馳走が並びました。

私は動きまわっていたのでゆっくり話をすることもあまり出来ませんでしたが、みなさんそれぞれお酒を飲みながら話が弾んでいたようです。
子どもたちはすぐに仲良くなり、走り回る走り回る・・・(笑)
そして東北ファミリーのパパさん達と、さくらメンバー男子チームとは今日初対面がほとんど。
これをきっかけに「今夜飲みにどう?」なんて男の付き合いが始まる事もありそう。
こうやって「支援活動」から「日常」になっていくこと、そしてここからまた新たな「活動」につながる。
そんな気がしています。

2012年締めくくりイベントに48名の笑顔があふれ、これからの様々な活動でどんどん笑顔が増えて行くよう、2013年の「支え愛さくら」頑張ります(^O^)/。


カテゴリー: 活動報告   パーマリンク

コメントを残す