災害ボランティア養成講座(IN加賀)開催しました!!

本日、こまつ芸術劇場うららにて「災害ボランティア養成講座」を開催しました。
1月の開催と言う事で天候が心配でしたが、お天気も良く(帰りは雨でしたが・・・)ホッとしました。

本日は40名近い参加。
金沢会場や能登会場にも参加されたリピータさんも複数いらっしゃって感激(^O^)/。
「参加者が変わることで新たな学びがあるかと思って・・・」と前向きな方々の存在に、企画した私たちも身が引き締まります。

午前中はパネルディスカッション。
いしかわ市民活動ネットワーキングセンターの青海さんの絶妙なコーディネートの下、ペイフォワード代表の笠松ゆりさん、金沢大学ボランティアさぽーとステーションの室井くん、支え愛さくらからは柳原と宮本がパネラーとしてお話を致しました。
実際の活動の状況から、今後の展望などに話は展開。
活動はニーズに合わせどんどん変化・進化して行くもの。
パネラーとして受講者の皆さんに伝えつつも、自分自身の頭の中も整理できる良い機会にもなりました。

午後はグループワーク。
金沢会場も能登会場も大いに盛り上がりましたが、今回も皆さん真剣に取り組まれていました。
準備されたケースをグループメンバーで寸劇。
被災者の立場・ボランティアの立場に立ち、「想像力」「チームワーク」で取り組みます。
様々な年齢が7~8名集まるのですが、みんな積極的に意見を言い、ケースを更に具体的に作成します。
シナリオ、配役全てグループのオリジナル。
同じケース設定を伝えても、グループそれぞれの展開となります。
役になりきって熱演される方々、寸劇を見て涙を流す人・・・それぐらい皆さん一生懸命取り組んでいらっしゃいました。

金沢・能登・加賀の3会場で開催した「災害ボランティア養成講座」。
初めての運営でしたが、数多くの方々との出会い、数多くの笑顔、運営してみての学び・・・多くの学び・気付きがありました。
こんなに素晴らしい経験の機会を与えて下さった石川県の関係者のみなさんに感謝。
そして興味を持って参加して下さったのべ120名程のみなさんに感謝いたします。
それからそれから、ほとんど打ち合わせらしい打ち合わせも出来ていないのに、見事な連係プレーで運営に携わってくれたさくらメンバーありがとう(^O^)/。


カテゴリー: 活動報告   パーマリンク

コメントを残す