さくらについて


NPO法人 災害支え愛ネットワークさくらは、東日本大震災をきっかけに結成された団体です。発災後、避難所での活動にて、ボランティアメンバーと協調する力や被災者・現地のニーズを理解する大切さを学びました。

また、仮設住宅の方々との交流、イベントにおける東北物産販売、被災者との交流を兼ねた現地視察等の活動をしてきた中で、人と人とのつながり「コミュニティ」の存在やお互いの「支え愛」が「生きるチカラ」につながるということを実感しました。

多くの方々の犠牲の中で得た気付き・学びを残された私達が活かし、被災者の方々を支える仕組みを創る事、またボランティアの人財育成や活動を支える仕組みを創る事を活動の柱とし、「誰のための・何のための支援か」を常に考え、相手に確実に届く「顔の見える支援」をモットーに活動を続けていきます。


2012年7月、福島県いわき市視察ツアー、スパリゾートハワイアンズにて